2回目のデートの前に読むと役立つ6つのヒント

このマニュアルのデート方法を実行した場合、女性の心をつかめる可能性は高いはずです。
そうすると、デート前とは明らかに違うコミュニケーションが始まるでしょう。

それを2回目のデート、そしてその後の告白にどうやってつなげるか?
それに明確な答えやこれ、というようなテクニックはありません。
ここから先は、すべてあなたと彼女の2人の問題だから。
彼女の気持ちがどのように、あなたに向かっているかによって、スピードも方法も、すべて違ってくるから。

でも、やはり多少のルールやコツはありますので、いくつかの注意点やおすすめの方法をあげておきますね。



マメな男が女心をつかむ

はじめてのデートで、彼女の反応がよければ、メールの返信からも、それが伝わってくると思います。
そんな状況になったら、マメにアプローチしてあげてください。
忙しい仕事の合間にメールを送ったりするのも、うれしいものです。

何も用事がなくても、
「用事はないんだけど、ちょっと声が聞きたくなって。」
と電話するのも、やりすぎなければ、喜ばれると思います。
おはようメールとか、おやすみメールを毎日送ってあげるのもいいでしょう。

こういったことをするのは、相手があなたの気持ちにきちんと応えているかを確認する意味もあります。
そしてこれを応用した駆け引きで、相手の気持ちをより引き付けてしまう方法をお教えしますね。


あなたに好意を持っている女性を、もっと好きにさせてしまう裏技

例えば、毎日おはようメールをだいたい決まった時間に、あなたの方からするような習慣にしているとします。
ならば、1日だけ、それをやらないでみてください

そうすると、彼女は、
『あれ? 何で今日はおはようメールがこないのかな? 何かあったのかな?』
と、心をゆさぶられるはずです。

すごく気になるはずです。
そのうち、彼女はたぶん自分からアクションを起こしたくなるでしょう。

それで彼女のほうからメールしてくれれば、しめたもの。
「今日は寝坊しちゃってメールできなかったよ。」
とでも言い訳しておけば OK。
彼女のほうからメールしてこなくても、ぜったいに気になっているはずです。
『今日はどうしちゃったのかな~ 』
って。
そこで、彼女は自分の気持ちに気づくんです。
あなたの存在が、彼女にとっていかに大切なものかに。

もちろん、これは毎日のメールのやりとりにも応用できます。
そんな時は、すぐ返信したい気持ちを我慢してみてください。
たまにはこんな駆け引きもやってみてくださいね!
何かのきっかけになるかもしれませんよ。
ただし、度を超えるとマイナス効果なので気をつけて。



過去の恋愛の話はするべき?

ある程度仲良くなったら一度は、過去の恋愛経験の話について語ってみるといいですよ。
とくに、過去の彼女の恋愛の話は、さりげなく聞きだして、いろいろな思いを吐き出させてあげるといいと思います。
ひょっとしたら、恋愛に対して何らかの傷を負っているかもしれないし、過去の好きな人を忘れられないというようなことがあるかもしれません。
そんなわだかまりがあったとしたら、それを聞いてあげること、知ってあげることは彼女の気持ちをとても軽くしてあげることだと思います。
そうでなくても、恋愛経験の話をしているうちに、その話し相手に対して恋愛感情がわきやすいものなのです。

恋愛の話をしているだけで、そのときのいろいろな恋愛感情を思い出して、心が恋愛体質になってしまうからです。
もしも彼女からあなたのことも聞かれたら、あなたもオープンに話してしまえばいいと思います。
あなたのほうも、すべて心を開くべきです。
もしも、あなたに過去の恋愛経験がないとしても大丈夫です。
今まで彼女ができたことがないなら、それを暴露してしまっても、そんなことで男性のことが嫌いになるほど、女性の心は狭くありません。
今まで思いを寄せて片思いで終わってしまった女性のことでもいいんです。
そのように、恋愛の経験や思い入れを語りあることによって、ますます2人の距離は縮まるはずです。
C



お互いの距離をググッと前進させる最適なデート場所とは?

ある程度仲良くなって、相手もあなたに好意をもっていることがわかったころにぜひ行ってほしいところ。
それは、ずばり・・・
映画館です!

隣に肩が触れ合うように座ることと、耳元でささやいて話をすることは、2人の距離をぐっと縮めるから。
とくに、感動シーンやスリル感があるシーンなど、感情が高ぶっている時はチャンス。
最低でも手を握りましょう!
こうすれば自然なきっかけで、よりいっそうドキドキ感を味わえ、2人に関係はいっきに前進します。

映画に集中できなくなってしまうという難点はありますが・・・
うまく行けば、映画前はお互いに離れて歩いていたのが、映画後には、手をつないで歩いたり、肩をよせて歩いたりすることが、
抵抗なくできるようになってしまうでしょう。

そのぐらいボディタッチのきっかけをつかみやすいのが、映画館。
ただし、相手が抵抗しているのをを感じたら、即撤退すること!
映画の後は、映画の感想などの話でも、盛り上がりやすいですね。



デート費用は毎回おごるべき?

2回目以降も、あなたが主導権を握るのは基本。
誘う時は、迷わず強気に言ってくださいね。

「●●と●●●、どっちに行きたい?」
このように候補を2つくらいだしてあげて、彼女に選ばせるのもいいですね。
あなたが、ぜひ連れて行きたい場所があるときには、やっぱり、
「●●に行こう!」
と強気に。

じゃあ、デート費用はどうしましょうか?
私は、男と女の関係で、割り勘はあまり好きではありません。
ちなみにイタリアでは、男と女で、割り勘というのは絶対にありえません。
日本では、基本的に割り勘が好きと言う女性もたくさんいますが、それは、真に受けてはいけないんです。
なぜなら、『割り勘をする』という行為には、色気がまったくないからです。
あなたはあなた、私は私
あなたに借りをつくりたくない
割り勘をするたびに、こういった意識を潜在的に植えつけているようなものです。

それに、あの、お勘定を精算するときの気まずさは恋愛に向いてません!
恋愛に発展するのは、一体感の気持ち
そのためには、絶対、割り勘をしてほしくないんです。
一緒に何かをしてかかる費用は、2人でまとめて考えてほしいのです。

けれど、それは毎回あなたが払わなければいけないということではありません。
現に、あなたが毎回全額払うのは、たいへんですよね。
お互いの経済力や、年齢の差などにもよりますが、女性が働いていれば、ある程度負担するのも自然なことです。
それだったら、 交代でおごりあうんです 。
そのほうがずっとスマートです。
「今回はオレが払うから、後でカフェ行ったときよろしくね~」
とか、
「次回は、オレがごちそうになるからね~」
あなたが毎回全額払うのが厳しい場合は、早めにこのような習慣を作ってしまうのがいいでしょう。

彼女に、
「最初は、すごく良くしてくれたのに、つきあってみたら全然・・」
と思われるようなことは避けておいたほうがいいですよね。
割り勘ではなく、お互いにおごりあうのは、その都度、相手に「ありがとう」の気持ちをもてる意味でもいいんです。
この、小さな気持ちの通い合いがけっこう大切なんです。

それに、もしもあなたがおごってくれるのが当然ってなるのも、よくないですよね。
もしもあなたが経済的に余裕があって、ほとんどあなたが払いたい場合でもたまには、
「今日、パフェが食べたい! おごって!」
なんて甘えて、小額のものをご馳走になってみると、メリハリがでて楽しいですよ。



                             

強引さの意味を勘違いしないで!

恋愛の駆け引きには、時によってはある程度の強引さも必要。
でも強引さをどこで使ったらいいのか、わかっていない人が本当に多いと思います。
強引にキスしたり・・・

いいですか!
まちがった時に強引にアプローチすると、すべての可能性を逃しますよ!
強引にできるときは、相手が、あなたのことに好意があることを、確実にわかっていて、そのことをしても、嫌がられないと確実にわかっている時です。

抵抗はないけれど、
『まだどうかなぁ~、どうしようかな~』
と迷っているような時。
だからこそ、ステップを踏む必要があるんです。
そしてその都度、相手が完全に受け入れているかどうかを確認する。
たとえば、強引にキスしてもいいのは、その前に、彼女の手くらいは握っていているとか、すでに肩をよせて歩いている、または手をつないで歩いているなどしていて、彼女が完全に受け入れている状態であるのを確認してからですよ。

逆に言えば、受け入れられているとわかっているのなら、強引にでも早めにキスしておいたほうがいいのです。

わたしにすごく紳士でやさしいのにちょっと強引
と思われるようにすすめてください。

何回もデートするだけだったら気が合えば誰とでもできるけど、スキンシップやキスはそうじゃない。
だからこそ、徐々にステップを踏んで相手のテンションを確認し、GO のときは、いさぎよく!
というようにやるんです。
「そんなつもりじゃなかった。」
って思われるのもダメだし、
「私はその気なのに、いつまでも手を出してこない。」
と思われるのもダメ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ