香りと体臭について!イタリア人の腋臭対策を日本人も取り入れて

まず、香りの前に体臭についてのお話をしたいと思います。
あなたは、自分の体臭について気にしていますか?
実は、自分の体臭について無頓着で、女性に不快感を与えていても気が付いていない男性はとても多いです。

体臭って自分では気が付かなくても、ストレスや緊張や体の不調などで、強くなっていることもあるんです。
また食生活も影響します。
そして、女性よりも男性のほうが、体臭が出やすいんです。
もしもワキガがあるようだったら、それはなおさらのこと。
あっても悩むことはありませんが、ケアは必ずしましょう。
毎日、歯を磨くのと同じような感覚で、対策をすればよいのです。
それはエチケットです。

ところが、日本人の男性は、体臭があってもまったく気づいていなかったり、ワキガがあっても、そのままにしている人も多いと思います。
または、必要以上に神経質になっているか、どちらか。
両極端なんです。

ちなみに、私の住んでいるイタリアでは、人々の体臭に関する意識が、日本人のそれとまったく違うことに気がつきました。
ヨーロッパでは、約80%~90%の人が多少のワキガをもっています。
だから、体臭があるのはあたり前だから、ケアをするのだってあたり前、それについて悩んでいる人も皆無なんです。
それに対して日本人では約10%。
だから、ケアしなければいけないことも、今まで誰も教えてくれず、気が付かない人も多いのかもしれません。

逆に、自覚がある人の中には、病的なほど清潔好きで潔癖な日本人の中にいるだけに、深刻に悩んでしまうんですね。
それが原因で、内向的になってしまったり、恐怖症になってしまう人もいると聞きます。
女性に嫌われるのは、不潔感のある人だというお話をしましたが、たとえばこの脇のニオイについていえば、女性が嫌うのは、ワキガがあるのに気にもせず、ニオイで他人に不快感をあたえていることもまったく気づかずに、不潔にしている人であって、ワキガをもっている人ではないのです!

そうでないとしたら、日本人はほとんどの欧米人に耐えられないってことになりますよね。
それどころか欧米人の男性が好きな女性は、たくさんいます。
女性は、あなたが自覚していて気をつけていさえすれば、体臭だって受け入れるくらいの寛大さは、みんなもっているんです。
それでもあなたの体臭が原因で毛嫌いするような女性は、こちらからお断りって思えばいいのです。

さて、イタリアではみんなどのような対策をとっているのかというと、男女ともデオドラントを毎日の日課として使っているだけです。
イタリアのデオドラントは安価で、非常に充実した品揃えだけでなく、効果もてきめんです。
ほとんどのデオドラントは、効果は24時間続く、とうたっていて、実際、ほんとうに、朝つけたら夜まで効果があります。
だから、イタリア人のほとんどがワキガがあるのにかかわらず、日常生活では、ほとんど気になりません。
しかし、さすがに、いろいろな人が集まる、バスや地下鉄の社内は、夏には、いや~なニオイが充満していますが・・
どちらにしても、体臭があるのはあたり前のことですから、他人の体臭にも寛大です。
それに体臭で悩んでいる人は皆無です。

しかし、そんなイタリアでも、不潔にしているためにクサい人は、非常に嫌われます。
つまり、私が言いたかったのは、ワキガに神経質になったり悩んだりするのは、全くナンセンスだけれど、きちんとあなた毎日の習慣としてケアしてほしい ということです。

また、ワキガはないと思っていても、前述したように、体調やストレスや食生活によって体臭がでますから、他人事ではありません。
毎日シャワーで体を清潔に保つのは当然ですが、デオドラントを使うなどを習慣にしてしまうことをおすすめします。
日本でのデオドラント事情を、いろいろ調べてみました。
日本の薬局で売っている製品は、ニオイが強い場合には、あまり効果が持続しないものが多いようですね。
ましてや、デオドラントの香料がまざって悪臭になることがあるそうです。

もしも、今までそのような製品を使ったことがないのなら、いろいろ試してみるとよいでしょう。
制汗タイプと殺菌タイプがあり、スプレー、クリームなどもありそれぞれ効果のでかたが違うようです。
長時間たったときに、効果が弱ることはあっても、悪臭にならないもの。
これを基準にしてください。
それでも、ダメだ、気になってしょうがない、面倒だ!
という場合は、ワキガ治療してしまう、そういう解決方法だってあります。

そういった割り切りは、とっても大切だと思います。
イイ男は、クヨクヨ悩んだりはしません。
さまざまな不安や問題に対し、解決の努力をする・・・
こんな姿勢に女性は弱いものです。

さて、少なくてもこれであなたは悪臭ははなっていません。
そしたら、いい香りする男性になってみましょう。
いい香りがする男性は、とってもセクシーです。
あくまでも、ほのかに香る・・・これが基本。

香りの種類も大切ですね。
もしも、あなたが香水初心者だったら、シトラス系のさわやかな香り がおすすめ。
誰からも好かれる香りだし、場所も選びません。
デオドラント剤を使っていれば、それと同系の香りにすることにも気をつけてください。
刺激的な香りは、時にはとてもセクシーですが、香水によっては好き嫌いもあり、シチュエーションも選らばなければならないので、初心者には難しいかもしれません。
いずれは、ここぞという頃には、香水もうまく使いこせる男になっているために、まずは今のうちに、普段、さわやか系香水を使ってみることをおすすめします。

爽やかな香りのオードトワレやオーデコロンを直接肌につけるか、胸ポケットのハンカチにしみこませるなどすれば大丈夫です。
近づいたときと、通りすがりに、ほのかに香る程度。
つけすぎはぜったい禁物です。
つけすぎると、好感をもたれるどころか嫌われますから注意してください。
自分では、あまりわからないなと思うくらいがちょうどよいです。
それでも他人には香っているものだからです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ