初デート!失敗しないためのデートマニュアル

いよいよお気に入りの女性とのデートが実現!
ドキドキ、ワクワク、期待もいっぱい、不安もいっぱいでしょう。

彼女はなぜ今回のデートに OK したのでしょう?
ひょっとしたら、彼女はあなたのデートプランが楽しそうだからかもしれません。
それとも友だちとして一緒にいて楽しいから、気軽な気持ちで OK したのかもしれません。
しかし、いずれにしても、デートのチャンスを与えられたということは、恋のチャンスを与えられたということです。

しかし!
早まってはいけません。
実は、初めてのデートでは、あなたのすべてが試されているのです。
2人っきりになった時のフィーリングが合うかどうか
一緒にいて居心地がいいかどうか、楽しいかどうか
友だち以上の関係になる可能性があるかどうか
あなたのことをもっと知りたいと思うかどうか

これらのことを、彼女はたった1回の初めてのデートで、感じ取ります。
失敗すれば、2回目はないと思ってください。
もしくは、いつまでもあなたが1人で幻想を抱き続けて、実は彼女にとって都合のよい男になるか・・

そうなりたくないですね!
すべては1回目のデートで、ほぼ方向性が決まってしまうといっても過言ではないです。
こんなこといって、よけい不安にさせちゃいましたか?
プレッシャーかけてしまいましたか?
いいんですよ、今はそれで。

そうならないための方法を、これからじっくり解説していきますから。
このマニュアルを読み終わった頃には、そんな不安は吹き飛んでしまうはずです。
自信がわいてくるはずですから。
このマニュアルを、何度も読み返して感覚をマスターしてからデートに望めば、あなたの魅力を最大に見せられると思います。
そして、あわよくば、1回のデートだけで完全にあなたの虜になってしまう可能性も。
その確率はかなり高いと思います。

今までどおりのやり方でデートに望んでいたときと比べれば、あなたのことが100倍くらい素敵に見えるはずです。
もしも万が一、うまくいかなかくても、それはそれでいいんです。
どんなにがんばっても見込みがなかったってことですから。

男と女の関係は、絶対ということがありません。
だから、あなたは最善をつくしたということだけで、後悔する必要なんて、まったくないんです。
また、新しく魅力的な女性を見つけたときには、その経験も生きてくるはずです。
それでは、さっそく、具体的な話をしていきましょう。



あなたがデートに誘ったら全額負担が当たり前

デートコースについて、まず考えてみましょう。
費用は、あなたが全額負担すると考えてください。
あなたが今回デートに誘ったのであれば、それは当然と考えます。


それは、男として当然、というのではなく、【今回彼女を誘ったのだから、当然のマナー】として考えます。
ほとんどの女性はおそらく
「いいよ、だすだす!」
と言ってくると思いますが、ぜったい女性に一銭も出させないと覚悟してください。
いいですか? 1円たりとも払わせないでくださいよ!
あなたが一方的に誘っている限りは、
女性に来ていただいてる
と考えてください。

仕事の接待だってそうですね。口説きたいほうが全額払うはずです。
これ、何気に重要です。
すでに友だちとして仲良くなっていたりすると、意外にこれを完全にやってない人もいるのではないでしょうか?
または、割り勘にしようとか、払う払うといわれると、
「じゃあ、1000円だけ・・」
なんて人も。
これでは意味がありません。

女性におごるのは、女性の機嫌をとるためではないんです。
男としての見栄のためでも、気前がいいところをみせるためでもありません。
あなたのジェンティルマンとしての人間性をみせるためなんです。
女性に対して、男として当然のマナーを知っていることを見せるためなんです。
あなたがすべて負担するのは、お気に入りの女性に来ていただいて、その素敵な時間を過ごすための代償として、あたりまえのことです。
おごるのは、当然のことであり、おごったことを感謝されるべきことでもない

まずこの意識を叩き込んでください。
で、この意識が無意識のうちに、態度にでます。
この、あなたの毅然とした態度が、女性に魅力を感じさせるのです。
そして、女性はやっぱりうれしい。
お金を使わなかったことがうれしいのではないのです。
自分のためにお金を惜しげなく使ってくれた、あなたの気持ちを感じてうれしいんです。
あなたの紳士的な態度が、ここちよいのです。
説明が長くなりましたが、そのようなわけで、あなたにとって無理のないデートプランを考えていきましょう。



女性に喜ばれる レストランの選び方

高級であればよいというわけではありません。
初デートに適した場所であればよいです。

それは、落ち着いた雰囲気でムードがあること。
テーブルが隣席と近すぎないこと。
あるいは、ダイニングバーなどのカウンター席もいいです。
カウンター席であれば、多少がやがやした雰囲気でも OK です。
いずれにしても、料理がおいしいところにしましょう。

そして、食事がメインのデートの場合は必ず、あらかじめ予約をいれておいてください。
普段からたくさんの店を知っていれば場所選びに苦労はしないと思いますが、そうでない場合、彼氏がいる女性や、彼女がいる友達、または食べ歩きが好きな女友達などに、アドバイスをお願いしましょう。
場所選びですべてが決まるわけではありませんが、魅力的な場所で食事ができれば、あなたのポイントは確実に上がります。

基本的に女性が喜ぶ場所はこんなところです。
●話題のスポット・・最近できたばかりとか、流行っているところ
●普段友だち同士では行かないところ・・寿司カウンター、焼き鳥バーなど
●独特の雰囲気が味わえるところ・・・内装が個性的だったり、落ち着いて夜景が見渡せるなど。
●料理がおいしくて、落ち着いたムードのところ・・・イタリア料理、フランス料理のこじんまりしたレストランなど
●かわった料理が食べられるところ・・・エスニック料理や、その他個性的な料理
       
ただし、好き嫌いがあるので、この場合は先に好みを確認すべき

映画に行く場合
事前に予約席を確保しておくとよいでしょう。
ちょっとした VIP 気分を味あわせてあげられますね。
映画の後にどこに食事に誘うかも、事前に考えておいてください。
この場合は2つくらい候補をあげて、その場で女性に選ばせればよいでしょう。
 
食事の後はいくつかの選択肢を考えておきます。
季節によってはお散歩、おしゃれなバーやカフェくらいを考えておけばいいでしょう。
この選択肢のことも考えて食事の場所を決めると楽です。
そうでない場合は、タクシーを使って行くことを考えておきましょう。



本気の恋愛をしたいなら・・・初デートで下心は出さない

今回のデートに当たっていろいろと計画を立てるのはいいのですが、もしも彼女を本当におとしたいのだったら、ホテルに連れ込もうなどとは考えないで下さい!
逆に、これをしてよいのは、あなたがただ単に女性と遊びたいと思っていて、なおかつ女性のほうも、すでにあなたに魅力を感じていて、それを態度に表し、完全にあなた任せになっている時、のみです。

女性のほうも完全に同意している場合は、フィフティフィフティです。
もちろん私は否定しません。
そのようにして、多数の女性との経験を積む時期があってもいいと思います。
確かにこのマニュアルのデート方法は、そちらの目的でも最強の方法です。
そして、そのような形から始まる恋愛だってあります。

しかし!
あなたが遊びで、女性はそうでない場合、そして女性がただ単に流されてしまっただけの場合、それは、最終的に多少なりとも女性を傷つけます。
この行為は、ジェントルマンに反する行為です。
世の中の女性を傷つけるようなことはやめておくべきなんです。

あなたが本気でいい恋愛をしたいと思っているのであれば、初めてのデートでは、ひたすら女性に喜んでもらうことに専念することです。
デートが盛り上がって、帰したくない場合もあるでしょう。
彼女も帰りたくなさそうなそぶりを見せるかもしれません。

でも、あなたが本気でつきあってみたいと思っているなら、その日はあえて前に進みすぎないようにしてください。
むしろ、余韻を残して別れたほうが、この後のためにずっとずっといいんです。
もしも、彼女にその日、何のつもりもなかった場合は、あなたの
『あわよくばホテルに・・』
なんて態度が、チラッとでも見え隠れしたときに、確実にこう思うでしょう。

『なーんだ、今までこんなに優しかったのは、やっぱり下心があったからなのか~』  
これから具体的に説明していく、完璧なジェントルマンの言動が、すべて、ただの遊びなれた人
、という誤解をされて終わります。

これでは、本気の恋愛は逃げていきます。
それまでの努力が台無しになります。
だからヘンに妄想を膨らめてはダメですよ!

今回のデートでは、彼女の終電をあなたが気にしてあげてください。
そうでなければ、タクシーで、家まで送ってあげるつもりでいてください。
それらを念頭に、まず、デートのメインを決め、予約をして、メインの後は、2、3通りのパターンを考えておいて、後は当日の流れや雰囲気を読んで決めるか、彼女に選択してもらうとよいでしょう。
きちきちと計画をたてすぎてしまうのは、あまりよくないと思います。

気合が入りすぎてるな~と思われるよりも、アバウトにしておいたほうがいいんです。
よって、デートのメイン以降のことは、相手とコミュニケーションをとりながら決めていくのがよいでしょう。
あなたの自己満足のために彼女とデートをするのではないということ、あくまで、彼女の視点で、できるだけあなたと居心地がいいデートをすること。
これを忘れないでくださいね。

ただし、その場で優柔不断にならないような準備だけは、しておいてください。
そのために、デートに使えるレストランやデートスポット、散歩ができる公園や行く場所に困ったらいつでも便利な、おしゃれなバーやカフェ、カラオケやボーリングなど、最低でも場所はきちんとおぼえておきましょう。

友だちに聞いたり、雑誌で研究したり、ネットで調べたり・・
最初はたいへんですが、これから恋をするためには最低限必要ですので、がんばって!!
デートコースは彼女をおとすまでの間だけ、あなたが全部考えるだけですからね。
彼女になってしまえば、一緒に考えればいいのですから。

サブコンテンツ

このページの先頭へ