重いを思われると恋愛は失敗する!どうやってあなたの好きという気持ちを伝えればいいのか?

もし、以前から好きだった女性をデートに誘ったのだったら、もうその時点で、あなたが相手に好意があることは、伝わっているはずですね。
出会いのテクニックを実践しているのなら、なおさら、好意があることを、じゅうぶん表現できていると思います。
だからこそ、デートではむしろ、さっぱりとしているほうがいいんです。

相手に
「重い」
と感じられたらダメ
私のことすごく好きみたいだけど、わたしはそれに答えられないわ
このように、思われてしまったら、1回のデートで終わってしまいます。

だから機会があったらでいいので、さりげなく、楽しく、オープンに好意があることを伝えるといいです。
さらっと言うことがコツです。
「好みのタイプだよ~」
って軽いノリで言ってみるといいかもしれません。
言われたほうは、悪い気はしないはずです。
あなたのことが嫌いでない限りは、軽いノリの好意的発言は、うれしいものです。

ただし、
「オレみたいなブサイクが・・・」
のように、自分の価値を下げるような言葉はぜったい言ってはいけません。
これをしてしまうと、彼女の潜在意識で、本当にあなたの価値を下げてしまうんです。
それに自分に自信がないところまで、アピールしているようなものですね。

あなたに、自分のコンプレックスまでも長所に変えているような自信が相手に伝われば話は別ですが、まず言わないほうが無難です。

こんな魅力的なオレが、気に入っているんだから、キミの魅力は本物なんだよ
(↑ ほんとうに言っちゃダメですよ)
という視点で考え、好意的発言もこの視点から言うようにします。

このマインドはとっても大切です。
あなたの口説きたい女性は、あなたにとってお姫様なんですが、あなたは、お姫様に使える召使になってはいけないのです。
王子様になるのです!
王子様がお姫様を口説くような気持ちで振舞うつもりでいてください。
けっしてあなたがしたでに出てはいけません。
口説きたい女性の前では、あなたは彼女に見合った男性なんです。
その気持ちを忘れず、あなたの素直な気持ちを、時々さらっと明るく言ってしまう。
あなたの感じたことをすぐ、その時に言ってしまう。
そうすれば、ほめ言葉だって、探さなくても自然とでてきますよね。
「今、ふと思ったんだけど・・・」
って、相手の何か美しいことや、すばらしいことに気づいたその時に言ってみてください。

結局、女性の心をつかむのは、感情の会話です。
あなたが感情表現をすれば、それは女性の心に届きます。
彼女にも感情表現をさせるように会話を導けば、彼女の感情も活性化されます。
脳ではなく心の会話をできるような関係が、つまりは愛し合うことにつながります。
彼女と感情の会話をできることは、彼女があなたに引かれるきっかけにもなります。

ただし、1回目のデートでは、あれこれ考えると難しくなりますので、とりあえずは、相手を楽しませることに専念しても大丈夫ですよ。
会話は何を話したらよいのか、と先に考えてしまうから難しくなってしまうんだし、ほめ言葉だって、一生懸命さがそうと思うから不自然になるんだし、好意をあらわす言葉だって、言わなきゃと思うから苦しくなるんです。
それよりも、彼女が楽しみ、あなたが楽しめる雰囲気作り。
そんな中に、ちょっっぴり、男と女の関係であることをにおわせてみてください。

相手の空気とその場の状況を読みながら、あとは自分の感情と直感にまかせる。
基本はすべてこれで OK。
あとはアバウトにいきましょう!
あなたに男の魅力を感じさせるのは、普段の紳士的な態度やレディファーストだけでもかなり強力ですからね。


デート中の会話テクニックまとめ

●趣味や価値観が同じであることを強調する
「あーオレもオレも!」
「オレと同じような考え方だね~」など。

●会話を次々と盛り上げていくコツは、
「そういえば、▲▲で思い出したんだけど・・・」
その後は
「何の話してたんだっけ?」

●自分を良く見せようと、自慢話やウンチク話はダメ。さりげない自己アピールを。

●会話は相手が楽しめる話題にすることを常に気をつけて!女性の社交辞令の笑顔に騙されないで!

●会話にもさりげない気くばりを。それができていれば、細かな発言や失敗は気にしなくて大丈夫。

●あなたの夢や希望を話すことは、素敵な自己アピール。それを話す機会があったら、あくまでもさりげなく話して。

●多少の自慢話は、失敗談を同時に話すことで、嫌味が消え懐の広さが強調されてGOOD

●好意を伝えるのは、けっして相手に重くならないように、軽く言って!

●好意を伝えるときは、自分を落とすのではなく、王子様がお姫様を口説くような気持ちで!

●思ったことを口にする。それが、相手の心に伝わる会話。

サブコンテンツ

このページの先頭へ