ジェラシーは恋愛のスパイス!嫉妬心と上手に付き合う方法

相手のことが好きであると、ある程度のジェラシーは生まれるもの。
相手のことを独占したい気持ちや、一緒にいない時間に不安に襲われてしまったりする。

好きだったらあたり前のことですね。
ジェラシーがまったくわかないなんてことがあったら、たぶんそれは本当の愛ではないと思います。
それに、相手の多少のジェラシーを感じることは、愛の証として快感なはずです。

でもこのジェラシーがあまりにも強すぎると、カップルを自滅させてしまうことが、本当に多いようです。
少なくとも、私はそんなカップルをまわりでたくさん見てきました。
相手を必要以上に束縛してしまって、相手をすごく窮屈にしてしまったり、相手のことが信用できなくて、いつも自分が精神的に不安定になってしまったり、そうなると、どんどん悪循環が生まれてしまうんです。
一度でも何らかの原因で、相手のことを信じられなくなったら、それをもとにもどすのは、すごく難しくなってしまうものです。
そして、このジェラシーの悪に振り回されることになります。

結局、2人の信頼関係をきちんと築くことができれば、ジェラシーで悩まされるリスクはすごく少ないはずです。
それは、お互いが相手のこと絶対的に信用していて、しかも、それを一度たりとも裏切られないこと。
そのためには、毎日の好きの表現をするなどして、彼女を絶対的に安心させること、そして、あなたも彼女をいつも信じること。
信頼関係さえあれば、多少のジェラシーは恋愛の刺激的要素にもなるんです。
相手にわざと少しだけジェラシーをわかせて、相手を燃えさせる
そうゆう駆け引きさえも可能。
それは、毎回、ジェラシーの後に絶対的安心感を得ているか、すでに絶対的な信頼関係があってからこそ、のことなのです。

逆に、それがなかったらジェラシーは、修羅場の始まりになることもあります。
もしも・・・
あなたが彼女から信頼を失うような事実があるのなら、それは、最後まで、絶対に知られてはいけません。

いいですか?
あなたが彼女との関係を大切に思うのなら、知られてはいけないことは、絶対に最後まで知られてはいけないのです。

一度信頼関係を失うと、2度と、もとの関係には戻れないのが普通だからです。
くれぐれも、まず絶対の信頼関係を築くことを、第一に考えてくださいね。

【ジェラシーについて】
★ジェラシーの悪循環を生まないためには、絶対の信頼関係、絶対的安心感
★お互いの信頼関係があれば、ジェラシーで駆け引きして恋愛のスパイスにすることも可能
★一度でも信頼を裏切られたら最後。知られてはいけないことは絶対知られないほうがいい




カップルでケンカしたときの対処法

けんかが多いカップルって、実はほんとうは仲が良いことも多いんです。
それは、けんかをすることで、本音でのぶつかりあいがあった後に、お互いにとことん話して解決することで、もっと相手のことを深く知ったりお互いに相手に歩み寄ることができるからだと思います。

けんかをうまく解決することで、その恋愛の中での免疫力がつくのも確か。
イタリア人のカップルは感情に素直なので、激しいけんかをすることもよくあります。

けれど、その後はいつものように仲良し、いちゃいちゃ・・
わたしもイタリア人の主人とよくけんかをしますが、毎回とことん話し合って解決しています。

でも、けんかをこじらせて、本当に別れにつながってしまうカップルも多いものです。
できれば、さけられるけんかは、さけたほうがいいですね。
くだらないことから始まったけんかで、お互いに意地の張り合いになって解決できなって、関係がおかしくなってしまったら、バカバカしいですからね。

いずれにしても、けんかの対処法はぜひ知っておいてほしいと思います。
それは、自分の怒りや相手の怒りをうまく鎮めながら話し合いにもっていくことです。
あなたから、ぜひその歩み寄りの姿勢をとることです。


お互いにいつまでも、自分本位の言い分を主張することにやっきになっている限りは、いつまでたってもラチがあかないからです。

一体どんなことが原因でけんかになるのでしょう?
意見のぶつかりあいや考え方の違いで討論になったり、誤解を生むような言葉や態度がきっかけで、どちらかが怒ることから始まったり、どちらかが相手の欠点を非難することから始まったり・・・

原因は本当にいろいろだと思いますが、性格の違いだけでなくて、もともと育った環境や今までの経験も違う2人が一緒にいたら、時々こういったことが起こってもなにも不思議ではありません。
で、けんかしている最中って、どちらも頭がカッとなってるので、相手のことを理解する余裕もなく、お互いが自分の意見ばかり主張してしまうんですね。

そんなときは、まずあなたが冷静になってみてください。
あなたにできることは、まずあなたから、相手の話を否定しないで最後まで聞くことです。
相手の気持ちや言い分を先に、理解しようという態度を示すことです。
それができれば、相手の興奮状態も、かなりおさまるはずです。
そうしたら、お互いの意見や考えや言い分を、順番に、途中で口をはさまないようにして話し合うのです。

お互いに、相手が自分の意見や言い分を理解してくれるだけで、たいていの問題は解決するはずです。

毎回きちんと解決すること
それがけんかで絆を深めていくコツです。
そして、仲直りできた後に、いちゃいちゃしましょう。
どちらかが不満をつのらせたまま、なんとなく仲直りして、ごまかしながら関係を続けていくのはよくないと思います。
けれども、けんかはできれば最低限になるようにしましょうね。
そのためには、相手に不満や要求を言いたい時に、相手の気持ちを考えながら、上手に言えるようになることです。

相手が不満をぶつけてきたら、カッとならずに、まずは相手の気持ちをわかってあげることです。
あたり前のことですが、ぜったいに暴力的になったりしないでくださいね。
ましてや、一度でも女性に暴力を振ったら、女性にとってのあなたの価値は激減です。
振られても仕方がありません。
それだけは、肝に銘じておいてください。

【けんかをした時】
★できればけんかは最小限に
★けんかをしたら毎回とことん話し合って解決することが、お互いの絆を深める
★けんかをしたら、どうか、あなたから歩み寄りの姿勢を見せて
★けんかをしないコツは・・・
あなたが不満を言う時は、相手の気持ちを考えながら言うこと
相手が不満を言ってきたら、まず相手の感情をまず理解してあげること

サブコンテンツ

このページの先頭へ