相手に結婚を意識させるテクニック!二人の未来について話をしよう

私は、今の主人がまったく好みのタイプではなくて、最初はまったく眼中にありませんでした。
それが、1度デートしてからは、完全に彼のペースに巻き込まれ、知らない間に好きになり、つきあいはじめてから3ヶ月後には、結婚を決めてしまうことにもなってしまったのです。

何が一体私にここまで、急速な感情の変化を与えたのか?
彼が常に紳士的で優しかったのと同時に、私が好意を持ち始めた頃から半ば強引に進展をリードしてくれたこと、そして常に彼の確信の気持ちを表現してくれたこと、私が素のままでいれて、それをすべて受け入れてくれたこと・・
さらにもう一つ重要だったのは、早いうちから未来を意識させてくれたことだと思っています。

誰だって、恋人のことが好きでうまくいっている時は、その恋愛がいつか終わるかもしれないなんて、考えたくありません。
これが最後の恋愛だと思いたいんですね。
でも普通は、結婚の覚悟でもしない限りは、未来の話をする口が重くなってしまうと思うのです。
 
しかし逆に言えば、2人の素敵な未来を想像できる恋愛こそが、女性に絶対の安心感を与え、女性の心をあなたから離れられなくさせてしまうことだと思います。
ほとんどの女性は、男性よりもずっと、未来に対する潜在的な恐怖があるはずです。
生涯一人っきりでいたくないと。
そして、女性は歳を重ねるごとに恋愛に対して不利になってしまうということをじゅうぶんに承知しています。
だからこそ、未来の恋を保証されることに、弱いんです。

もしもあなたが、彼女とつきあってお互いをよく知ってから、本当に愛していると思ったら、本当に愛しあっていると思ったら、一緒にいて本当に居心地がいいと思ったら、本当に彼女を放したくないと思ったら、2人の未来を想像させるような会話を時々してみてください。
2人の楽しい未来、ポジティヴな将来、素敵な夢と希望・・
それだけで、彼女はあなたから離れられなくなるはずです。
悪い言い方をすれば、洗脳されてしまうはずです。
具体例として、今の主人が私に言った言葉で忘れられないものをあげておきますので、参考にしてくださいね。

付き合い始めてまだ間もない頃でした。
2人で手をつないでいる時に、彼がふと言ったんです。
おじいちゃん、おばあちゃんになっても、こうやってずっと手をつないで歩きたいな。
いかにもあっさりと言いながら、同時に老人のもの真似をしていたので、2人で笑っていました。
私は、口には出しませんでしたが、心の中で、ものすごく感動したのを覚えています。
涙が出そうでした。

そのころは、本当にまだ付き合い始めたばかりでしたが、
『この人と一緒だったら一生幸せかも・・』
と、早くも意識するようになったと思います。
彼のこんな何気ない一言で、私が勝手に2人の素敵な未来を想像してしまったことが、その後の彼の積極性を、すべて受け入れていくきっかけになったのではないか、と思っています。
ほとんどの女性は、自分が幸せになるためには、相手から深く愛されることがどんなに大切かということを、本能的に理解しているものです。
それが意識的であろうと、無意識であろうと。
だから、あなたが彼女の心をつかみたいと思ったら、その部分にうったえることをすればいいのです。
さりげなく、2人の未来の楽しい想像話をして、彼女に魔法かけてみてください。

【未来の話】
★2人の未来の話をすることは、女性に絶対の安心感を与え、離れられなくしてしまう
★未来の話にそれほど責任感を感じる必要はない。その時に2人の未来を想像してみることを楽しめばいいだけ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ