女の子が書いた絶対に成功する!喜ばれる初キスのやり方 まとめ

ここでは、彼女をさりげなくその気にさせてKissするスマートな方法を教えてしまおうと思います。
いちおう、本命のおつきあい向けにお話をしますが、遊びでその場限りのつきあいのケースでも、何か参考になるかもしれません。
とくに、彼女との付き合いが浅く、まだキスにいたっていない方のお役に立てるようにお話したいと思います。
そうでない方にも女性の意見として参考になることがあるかもしれないので、よかったら最後までおつきあいくださいね♪


初めてのキスの相性が悪くて次のデートを断られることもある

はじめてのキスには本当に慎重にならなければいけません。
なぜでしょう。
女性は、まず第一歩としてのあなたの感触を、全身全霊で感じ取ってしまうからです。

ここで、私のことを少しをお話しますね。
私がキスするのは、ひょっとしたらおつきあいしたいかな?という時はありですが、遊びではしません。
だから、キスする時は、私もそれなりの気があります。
けれど、その気もないのに強引に奪われたようなケースもありましたが・・

過去に長いシングルの時期があって、いろいろな人とデートをしていた時があったので、いろいろなパターンのキスを経験しました。
だから多少あれこれ言わせてもらってもいいかなと思います。

さて、本題にもどりますね。
この人いいかな? と思ってデートして、キスをすると・・
あれ? なんか違う!ってケースが何度かあったんです。

そうすると・・・・・
もう先にはすすみません!  キッパリ
まず、その直後から急に気持ちがさめてしまいますが、いきなりひどい態度をとるわけもいかないので、その日はなんとかその場をつくろい、いい訳を考えなるべく早く家に帰ります。
そして、その次のデートのお誘いも、なんだかんだと言い逃れをしつつ断ってしまいます。

でも、まさか、
 「 あなたのキスが嫌いだったの・・
なんて、とても言えません!
このように、マイナスポイントの高いキスだけで、決定的なダメージになってしまう場合もあるということです。
これはほとんどの場合、生理的な要因をですので、後ほど注意点を述べていきますね。

さて、はじめてのキスは、こんなに重要だって知ってました?
女性にとって、この先に進むかどうかの重要なチェックポイントなんです。
これがイマイチだと、なんか生理的にあわないかも・・・という具合に、はっきり結論をだしてしまうか、そうでないとしても無意識に気持ちにブレーキがかかってしまうんです。

だからけっして手をぬかないでください。
が・・・・
だからといって緊張してはダメです。
うまく行くものも行かなくなってしまいます。
でも、ほんの少しのポイントさえきちんと事前に知っておけばいいだけなんですよ。

ぜったいだいじょうぶです。
このテキストを読んでポイントさえ知っておけば、緊張したり、タイミングがつかめなかったりということがなくなると思います。
キスの成功確率、女性の満足度はぐっとあがるはずです。

お目当ての彼女とやっとの思いでデートすることができたのなら、チャンスを逃さないように、いっきにキスでほれさせていきましょう。
キスで彼女をその気にさせることに成功してしまえば、その先へ進むハードルはとっても低くなるはず。

なぜ、ここまで初めてのキスにこだわるべきなのかというと、たいていの女性は、その人との初キス体験のことを、いつまでも覚えているものだからなのです。
基本的に女性は、感情の生き物です。
だからあなたとのステキな思い出があれば、それだけで女性はずっと幸せな気持ちでいられる確率が高くなります。
あなたとのステキな思い出がある、というだけであなたを愛する理由はすでに半分できているんです。
(もちろんそれはその後の状況によって変化することもありますが )

だから、素敵な思い出つくること、すごく大切なんです。
カップルが長続きする秘訣だと思います。
ステキなキスの体験は、きっと彼女の脳裏に何年も残ります。
もしかしたら、一生かもしれません。

ロマンチックでしょ?
映画タイタニックのローズを思い出してみてください。
おばあさんになっても、何十年前のロマンチック体験を鮮明に思い出してましたね。
要は、そういうことです。
どうせなら思い切りロマンチックにやって、彼女の記憶に残してしまいましょう!!

わたしだって、ずいぶん昔のステキだったキス体験もいまだにはっきり覚えてます。
ロマンチックなキス体験は、とくに鮮明に覚えているものです。

これを書きながらもいろいろなステキなキス体験を思い出して、思わずなんともいえない心地よい気分にひたってしまいます。

これは私に限った話ではないと思います。
男性はキスに対しての思い入れがここまであるのかどうかは、私にはわかりませんが、女性はまず基本的にキスが大好きなので、それだけ思いいれも強いということを覚えておいてください。
さて、それでは実際のキスのシチュエーションについて
考えていきましょう♪




キスしたくなるシチュエーションを作ろう!

キスのタイミングとかを事前に考えてしまうと難しいんですね~きっと。
いきなりキスしようとすると、難しいんです。
タイミングがわからないんです。
ぎこちなくなるんです。
キスのタイミングを無理に探すよりも、キスに自然にもっていけるような流れをつくることがコツだと思います。
そのためには、デートコースに工夫するだけでいいんです。

もっとも手軽に本格的なロマンチックなキスができる方法を具体例を出してみますね。

例1
まず、人の少ないところをお散歩すること(公園など)
     ↓
女性の肩を抱いて歩きます。ゆーっくり歩いてくださいね♪
(このステップが重要。これを彼女が嫌がらなければ準備OK)
     ↓
 
歩きながら、時々相手の顔を見ながら笑顔でおしゃべりしつづけます。自然に時々、見つめ合う形になりますね。
おしゃべりを盛り上げながら、ゆーっくり歩いてね。
  
     ↓
タイミングがあったら、立ち止まって肩にかけている手を引き寄せて彼女を抱き寄せちゃえ!
     ↓
1回目は軽くチュッとフレンチキス(少しだけ強引、いきなりでもOK)
     ↓
抱き合ったまま見つめあって、軽く何か言ってあげるとさらにステキ
     ↓
そして、次に長めのキス(今度はゆっくりと期待させてから)
     ↓
そのまま抱き合って見つめあった状態のまま、コミュニケーションをとって余韻を楽しみましょう!

さらに続いてこんな風にもっていくこともできます。
そのまま背中を抱いた状態のまま、だっこしてぐるっと回ったり、場所を移動したり・・
(ちょっとふざけ気分でね)
その後にまたキスしたり・・
     ↓
あとはお好きにどうぞ。(ただし、やりすぎないほうがベター。もっとしたいなと思うくらいでやめておきましょう)

このような流れだと自然で、タイミングに困ることはないでしょう?
ふと、おしゃべりが途切れたタイミングとかをねらえばいいのです。
何の前触れがなくても、いきなり立ち止まってキスしちゃってもOKです。
実際やると、かなりロマンチックなかんじになると思いますよ。
肩を抱いて歩いていて彼女が抵抗がまったくないようだったら、キスもまず嫌がられることはないでしょう。
ぜひ、やってみてくださいね!

ちなみに、とくに本命の相手には、1回目からディープキスしたりせずに、徐々に少しつ・・・。
それが逆に女性を盛り上げる秘訣です。ゆっくりすすみましょう。

キスしないほうがいい場合
●肩を抱こうとしたら、拒否された場合(これはもう論外)
●あなたが笑顔で目をあわせようとしても、彼女はあなたの顔をみないで歩いている場合
●いきなりフレンチキスをしたら、露骨にイヤな顔をされた場合
(この場合は、「ごめんごめん!」と、あくまで軽くあやまりましょう。ショックはできるだけ隠しましょうね)

このような状態の場合、女性はあなたとキスしたいとは思っていません。
あなたのプライドを傷つけられないためにも、何もしないほうがよいでしょう。
もっとお互いの関係を深める必要あり。
ひょっとしたら、恋愛対象とはまったく思われていないい可能性も・・
冷静に判断しましょう。


例2
ドライブなどで、景色がよいところ、夜景のきれいなところなどに行く
なるべく、ひと気が少ないところのほうがいいですね。
2人でその景色を眺めています
     ↓
後ろから彼女を抱いてしまいましょう。
彼女の耳元に何かささやいてね。
     ↓
後ろから彼女のほっぺたを軽くキス
     ↓
その後、あなたの手で彼女の顔をあなたに向けるようにしむけてキス
     ↓
彼女があなたによりかかりながら、後ろに体をひねるような状態になって、キスを楽しみましょう。
     ↓
今度は、そのまま彼女をあなたの方に向けさせて抱きしめましょう。
     ↓
その後は、お好きにどうぞ。

こんな感じでも、ロマンチックで盛り上がりますね!
後ろからのキスは、そのまま首筋や耳のあたりにも流れてキスをするとかなり彼女をその気にさせることができます。
しかも、きれいな景色の前では、気持ちがうっとりとしてしまいます。
それに女性は後ろから抱きつかれるの、好きですよ。

はじめてのキスに限らず、ロマンチックなキスは、できるだけ、たくさんしてあげてくださいね~
いっぱいステキな思い出をつくりましょう。
ロマンチックに没頭できるのは、とにかく人がまわりにいないこと。
人が少しでもいると、気が散ってしまったり、恥ずかしいという思いが先行してしまって、集中できない場合があります。
そうすると、もったいないですね。

もう一つ、ちょっと前述したのとは、違うタイプのファーストキスにおすすめの方法を教えますね。
それは、突然うばってしまい、びっくりさせる方法です。
電車のホームまで彼女を見送りましょう。
   ↓
電車が来たら、彼女が乗車しかけている直前にドア付近で、強引に引き寄せて一瞬のうちにキスしてしまいます。
その後、背中を押して電車に乗せてあげましょう。
タクシーに一人で彼女を乗せる直前などでも同じようにできます。

このような方法でのキスは、かなりドキっとするし、印象に残ります。
一瞬のできごとですが、けっこうロマンチックで、彼女に余韻を残すことは、まちがいないですよ。
はじめてのキスは、この例のように突然して、強引に別れる状況でし、2回目以降に、例1や例2のようなロマンチックキスをするのでもいいですね。



初めてのキスでうまくための7つのヒント

●キスをしようとするのは、相手もあなたに確実に好意があるとわかってから。
そのためには、先に手をにぎったり、肩をよせたりしたとき、ボディタッチをしたりしても、彼女が抵抗していないことを確認しましょう。
なるべく顔を近づけて話すような、前触れをふっておいて、彼女が逃げていなければ、まずだいじょうぶでしょう。

●前述した前触れがあれば、1回目のキスは、ちょっと強引にうばうような感じでもいいです。
ただし、続けての2回目は、きちんと間をとって、相手をその気にさせてからにしましょう。
これらのキスの合間やキスの後に、しっかりと抱きしめてあげて。

●電車の発車直前などの別れ際にキスをうばってしまうのは、はじめてのキスでとっても効果的。
お互いに、余韻が残って別れるから。次に早く会いたい気持ちが高まるはず。
そうしたら、次のデートでは、本格的にキスするのは自然の流れ。

●とまどっている彼女を、ちょっと強引にリードしましょう。
キスする瞬間は、肩を抱き寄せたり、頭をなでながら引き寄せたり、耳から頬にかけて手をそえたりして、リードすること。
女性はキスしたくても、なかなか自分からはできないもの。
そんなときに、ちょっと強引にリードしてくれるのはうれしいものです。

●いきなりディープキスをしないようにしましょう。
女性を徐々に慣らしていってください。
もちろん、長いキスをしていて、自然の流れでそうなるのはいいです。
けれどもゆっくり進んで、その過程を楽しんだほうがいいです。
ちょっとジラすのです。
そうすると、相手のほうから先に進みたい、もっとしたいという気持ちをもつようになります。
そうなった時には、迷わずディープキスにすすみます。

●ちょっとジラすというのは、キス直前でも効果的です。
とくにチュッとキスした後に、お互い見つめ合って、次に長いキスをする前にジラします、
唇が触れる直前、またはかすれるぐらいのところで止めて、ちょっと触れて離れてというのを、何回か繰り返すのです。
唇は軽く開けている感じで、力をぬいて。
目は開けたまま、あなたの顔の位置をその都度変えるようなかんじで。
このときに、ほめ言葉をささやいてあげたりして、軽い会話ができるとさらにいいです。
彼女もちょっと慣れていれば、お互いにジラしあいながら、超至近距離でセクシーな会話をするような感じを楽しめます。
このようにお互い我慢した後に、長いキスをするのです。
実際こういうロマンチックなキスができる男性は、日本にはなかなかいません。

●長いキスをするときは、なるべく体も密着するように、抱きしめて。
キスの合間に見つめあったり、抱きしめたり、そういう間が女性には大切。
 


こんなキスをすると嫌われる!

人によっては抵抗があるような変わったキスを最初からするのはやめましょう。
例えば、こんなことです。

●激しく唇を吸う
激しく吸うよりも、もっとソフトにムードを高めて。
上唇か下唇を、離れる直前に、ほんのちょっとだけ吸う程度に。

●歯や歯ぐきをなめる
これはイヤ度№1です。ぜったいやらないでね。
私はこんなキスを初デートでされて、その人のことが大嫌いになりました。

●唇やその付近を執拗になめる
これも、よくないです。
女性はなめられている最中に案外冷めた気分になってしまいます。
キスの段階で、このように一方的なことをするのはよくありません。
男性は、女性が気持ちがいいと思ってやっていると思いますが、案外勘違いです。

●相手がまだその気になっていないのに、強引に舌を押し込む
キスに慣れていない女性には、はじめてディープキスをするときはある程度の強引さが必要になるかもしれません。
それにしても、長いキスをするなどして、じゅうぶんリラックスさせてからにしてください。
リラックスさせるのには、長いキスで上唇と下唇を別々にあなたの唇で交互にはさみこむにキスしながら、緊張をゆるめて、口が半開き状態になるようにするのです。
相手が充分にリラックスして口が半開き状態になっていれば、自然に舌を押し込むことができます。



素敵なキスができたら・・・・

ステキなキスができたら、ますます彼女はあなたに夢中になってくるはずです。
彼女が、ディープキスを抵抗なく受け入れるようだったら、次のステップに進むのも自然な流れです。

当然ですが、遊びだったら一気にしかけていきますが、本気だったら、ゆっくりと徐々に、少しジラしながら、相手に次への期待感をもたせながらすすむと、かえって気持ちが燃え上がるものです。
ただし、するときは多少強引な流れを作ってでも、リードしていってください。

女性は基本的に、自分から求めるよりも、男性から求められたいと思っているものです。
けれども、期待していないときに求められるのではなく、期待している状態のときに、強引に求められたいのです。
女性も、心の中で求めているのを我慢しているような状態にまでもっていってからすすむと、ずっと気持ちが盛り上がります。

だから、あなたの先走る気持ちは、おさえなければいけないのです。
そして、これは、恋愛のはじまりの鉄則です。
女性は何事も、男性をゆっくりと受け入れたいということ。
あなたのゆっくりとした態度が、余裕に見えるし、女性は、「たいせつにしてくれている」と感じるものなのです。
逆に女性のほうが積極的で、あなたをリードしてくるような状態になることもあるでしょう。

でも、あなたはこのゆっくりスタンスを、できるだけ守り通したほうがいいんです。
少しくらいジラしても、女性はあなたのことを簡単には嫌いにならないはずです。
むしろ、誠実さを感じてますます、好きになるはずです。
もし、そうでなかったら、その女性は燃え上がりやすく、冷めやすいタイプ。
しょせん、あなたとは恋愛に向いていなかった、ということになります。

燃え上がる気持ちをおさえて、ゆっくりとすすんでいったほうが、きちんと恋愛をはぐくんでいきやすいのです。
しょせん、うまく行く恋は、うまく行きますから、余裕の気持ちをもつことです。
あなたがあせったとたんに、かえって女性は逃げてしまうものです。

さて、女性の心をつかんでしまうキスのコツ、なんとなくわかっていただけたでしょうか?
機会があるたびに、ロマンチックなキスをたくさんして、彼女の心をいつもうっとりさせてあげてくださいね!
ファーストキスだけが、ステキだったなんて、思わせないようにね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ