ナンパで落としやすい女はこんな女!スカウトマンが実体験から学んだ7種類のタイプとは?

落としやすい女とはどんなタイプかというノウハウを教えます。
正直、これはあまり教えたくありませんでしたが、あなたと僕との約束もあります。
それに、行動しようとモチベーションをあげている人には相応しいコンテンツだと思ったからです。
ちなみに、このノウハウは僕だけのノウハウではありません。
後輩で今でも現役のバリバリのスカウトマンたちのノウハウも一緒にしてあります。
そういう事情もあって、若干、矛盾などがあるかもしれません。
なにせ、落としやすい女の子というのは各個人がそれぞれもっているノウハウでもあるからです。

でも僕以外のカリスマスカウトマン 2 人が力を貸してくれたことで落としやすい女の子の見分け方はかなり充実したものになっています。
ちなみにこのノウハウは本当に門外不出です。
何千人と毎日声をかけてきた僕らの集大成 です。


全て経験からのノウハウで根拠はありませんが、僕らは結局のところ、経験から学び、数字をあげていくしかないのです。
どっかの先生みたいに行動心理学がどうとか、根拠づけてあげたいとろですが、残念ながら僕らは学歴と偏差値には昔から縁がないんです。
おっと、話がそれてしまいましたね。

では、早速、落としやすい女の子の見分け方の説明にはいりましょうか。
まず、一番、落としやすい女の子はだらしない子です。
不潔っていう意味じゃありませんよ。
服装や髪がだらしない、ってことです。
具体的にいうと上だけは立派にオシャレしているのに、靴だけはなぜかくたびれていて残念な子。
こういう女は落としやすいです。
理由は女というのは大抵、男と違って靴はたくさん持っていることが多いんです。

わかりますよね?
たくさんもっているのに靴だけ残念な感じであるということは手入れ、つまりトータルコーディネイトでオシャレをする必要がないという状況なわけです。

これが何を意味するのか?
オシャレを見せる必要性が日常ではない、ということです。
イコール特定の彼氏がいない、ということ。

つまり、彼氏が今はいなくて寂しい境遇な女だという結論です。
実際にブーツのかかとが磨り減っている子とか、ヒールの高さが微妙に違ってても平気な子とか、観察すると靴が残念な女って結構いるわけです。
こういう女に声をかけるんです。

女友達と約束でもない限り、
「ちょっとお尋ねしたいんですけど」
戦略は威力を発揮します。

次にこれは僕は試したことがないんですが、白いファーつきのコートを着ている女は落としやすいという話です。
理由はよくわからないですが、白コート=スカウト成功ぐらいの高確率で話をきいてくれる女が多いらしいです。
あとはエクステをつけている女も簡単に落とせます。

エクステをつけたりしている女っていうのはなにかしら、コンプレックスを抱えているからああいう人工的なものをつけてまで自分を変えたがるわけです。
もっというなら、現在の自分が好きじゃないということです。
環境を変えて新しい刺激が欲しいという願望の現われでもあるんじゃないでしょうか。

僕はこうした理由でエクステをつけている女もよく狙います。
そして、事実、 話をきいてもらえる確率は高い です。
こういう子には夜の仕事とか率直に話すと結構のってきてくれます。
今の生活から抜け出したいという願望がきっとそうさせるのでしょう。

更に究極に落としやすい子はみるからにだらけきった雰囲気で地面に座り込み、ケータイをいじっていたり、DSをやっている子なんかも簡単に落ちます。
なぜなら、彼女たちは先ほどあげた女よりもさらにやることがなく、刺激を求める気力すらなくて、悪戯に時間を浪費している人たちだからです。
つまり、地面に座り込んでケータイでメールするぐらいしかリアルでの人間関係が薄いという証拠でもあるわけです。
こういう子は狙い目というより、どちらかといえば、男が声をかけてくるのを待っている ことも結構、多いです。
但し、それぐらいゆるゆるな女ですから、リスクも当然あります。
ここらへんは落としやすいからといって安易に飛びつくべきかどうか、僕ならじっくり品定めします。
時折、ダイヤの原石が眠っていることがありますからね(笑)。
簡単な分だけリスクは高いってことです。
それにゆるい子が多いので正直、二度会いたいと思う女はいないと思います

それでもOKというなら少なくても自信にはつながると思うのでチャレンジしてみてください。

次に意外と知られていないテクニックとしては
アイコンタクト
というのがあります。
止まっている女をチラ見するんです。
そうするとそのうちうっかり、目線があうことがありますよね。
そしたら更にその子を見る回数を増やすわけです。
それで相手と 2 回、3 回と目線があうようなら、GO!です。
あなたに興味をもたなければ 2 度も 3 度も目線をあわしてくることはあまりないですし、何より気持ち悪いと思ってその場を去りますから。
そうした行為がなく、こちらが見るたびに視線が合うというのは偶然ではなく、女のシグナルです。
「何か?」
というシグナルなわけですね。

前にも話した通り、女の側から男に話しかけてくることはありません。
ここは度胸一発、あなたのノウハウのみせどころです。
「カラオケ行こうって約束してたんだけど、どこがいいかな?」
なんて具合に話かければOK。

それでなんらかの反応が返ってくるようならもらったも同然です。
「待つのも疲れたし、よかったら一曲つきあってよ」
これで落ちます。

いずれにしろ、こうした女は暇だけはあるので、外でぼーっとメールしてるよりはましかな、程度に思うことが多いので、結構、成功率は高いものです。

最後にこれを知っている人はホントにスカウトマンだけだと思う落としやすい女です。
それはズバリ、スーツケースをもっている女です。
スーツケースをもって街を歩いているということは仕事か家出かいずれにしろ、地方から出てきた女である可能性が高いです。
そこがこちらの狙いドコロです。

「ちょっとお尋ねしたいんですが」戦略で道をきくと大抵、
「私、こっちの人間じゃないんでよくわからないです」
という当たり前の答えが返ってきます。
こうなればしめたもんです。

「そっか、じゃあこれから何処いくの? 俺がわかる場所なら案内するけどどの辺?」
みたいなことを言えばいいわけです。
最初は遠慮するかもしれませんが最後は
「まぁ、これも何かの縁だし、手伝わせてよ」
といえばNOとは言えないオファーの完成です。

「何かの縁」
という神秘的な言葉と
「困っている人の力になりたい」
このふたつが組み合わさることで女は同意するのです。


これも「共感」と「あなたの男の価値」に結びつくことです。
「何かの縁」という言葉が運命的な共感を引き出し、「あなたのために手伝ってあげたい」
というのが
「優しくていい男」
という価値を生み出すのです。

よって、この手順で声をかけていけばほぼ、スーツケースを持って地方から出てきた女はころっといってしまうことが多くなります。

嘘だろって?
僕のいってきたことに嘘はないですよ。
自分にとっての経験則だから特殊なようだけど、一応、僕なりに日々反省し、次につなげる行為はしているわけですから、効率の悪いことはしません!

この狙い易い子っていうのは教えたくない情報のひとつです。
だって普通のナンパがうまくいかなかったときの奥の手みたいなもんですからね。
誰にでも真似されちゃうと、いざ自分がやろうとしたときには獲物が0なんてこともありえるわけですから(爆)。
落ちやすい女を落ちやすい言葉でナンパするんだから高確率で成功するのは当たり前なんですけどね。
論より証拠、嘘?と思う前にやってみるといいですよ。
今までここで教えてきたノウハウだけで全然、ゲットできますから。

サブコンテンツ

このページの先頭へ