女に無視されてもスカウトマンは落ち込まない!その理由は?

これに関してはそれぞれ、自分でクリアするなんらかの理由付けを持っていると思います。
つまり、自信を喪失しないで済む方法をスカウトマンなら普通に身につけているということです。
ただ、決まりきったものはないと思います。
例えば僕なら、失敗した時、自分のせいだとは絶対に思わない。
今ならね。

最初の頃は自分のトークや立ち振る舞いに何か原因があったのだろうかと、悩んだりした時期も確かにありました。
が、今はそんなことはないです。
何故なら、フラれるというか、スカウトに失敗する理由は僕の側にではなく、女の側にあると思っているからです。
例えばそれは彼氏がいた場合とかですね。
彼氏がいても平気な子は多いけど、中には彼氏を裏切ることはできない、という女の子も同じぐらいいるわけで、大抵の場合は彼氏に義理立てしているんだなとか、勝手に思うことにしている。

だって、それは相手に好きな人があらかじめいるからで、僕がどうこうというより、女の子の都合なわけだから。
もっと上から目線でいうなら、僕がいい男すぎるからだな、とかね(爆)。
別にこれはルックスがとかではなく、男としての価値とかそういう部分で
「こんな素敵な人は私にはもったいない」
と思ったのかなという意味です。

アホかと思った人もいるかもしれませんが、憧れってそういうもんでしょ?
芸能人の誰かを好きっていってても現実にその芸能人が自分の彼氏になってくれるとは思っていない。
憧れることと現実は違うということです。

なら、僕は芸能人ではないけれど
「いい男に見えたのかもしれない」
と思うことも、あながち間違いではないと思うのですが(笑)
まぁ、ある意味こういうのって妄想ですけど、ネガティブに考えること自体には何の意味もないわけです。
むしろ、バカかと思うぐらいポジティブでいいと思います。
それに声かけ失敗した女の子なんてどーせ二度と会うわけないと思っていますしね。
少しでも自分に有利で都合のいい考え方をした方が精神衛生上とてもよろしいわけですよ。
いちいち、落ち込んでる暇はない、ぐらいに最初は思っておけば、いずれこういう境地になっていくもんかな、と(笑)

そうはいっても、365 日、女の尻ばっかり追いかけているスカウトマンと貴方ではスタンスも違うわけで、同じマインドになれといってもやっぱり時間はかかります。

でも、このマインドは自己嫌悪とかトラウマということからあなたを救ってくれるマインドなので、身につけた方が、ナンパするには気が楽です。
あくまでも今回の失敗は自分のせいではなく、女の子の都合だったということにしておけば、全然、胸も痛みません。
だって、仕方ないですから。

思いのままに他人を操れる術でもあれば別ですが、スカウトマンだってただの人間ですからね。
むしろ、 女を商品 として見ている分だけあなたよりたちが悪いぐらいです。
ただ、ナンパを恥ずかしいと思っている人にはそれは違う、ということだけは繰り返しになりますが、ここでも言っておきますね。
恥ずかしくないというマインドだけは必ず持ってください。
なぜなら、ナンパは恥ずかしいことでも何でもないからです。
ナンパは出会いのきっかけを自分で作る行為なんです。
出会いを他人まかせにしないで、自分で作ることは恥ずかしいことですか?
むしろ、男らしいとは思いませんか?

出会いのきっかけを自分で作るということは大袈裟にいえば自分の運命を自分で切り開くということにもなり得ます。
誰かと出会うことは必ずあなたを変える何らかのきっかけになるものだと僕は思いますよ。
だったらあれこれ言わずにナンパに励むということはむしろカッコ悪いことでも何でもなくカッコいいことではありませんか?
これも繰り返しになりますが、女は自分からはコンタクトをとってきません。
あなたが声をかけてくるのをひたすら待つものなんです。
声をかける男が減れば、必然、彼氏のいない女も増えるわけで、昨今の晩婚ブームなんてのもこういうことが影響しているんじゃないの?
なんて大袈裟なことまで考えてしまいます。
いや、マジメな話ね。

ナンパという言葉が悪いんです。
ナンパじゃないんです。
出会いのきっかけを作る行為と思えばいいんです。
これはスカウトマン的なマインドではありませんが出会いのきっかけを作るマインドとしては大切です。
道で歩いている女の子たちはみんな貴方が声をかけるのを待っているんです。
自信をもってトライあるのみですよ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ