仲良くなるコツは?相手に好奇心を持とう

相手に対する好奇心を示すこと。
当然ですがこれがお互いにないと、あまり仲良くなれません。

そして、相手の興味のあることや、相手の知っていることに好奇心を示すことも、お互いの関係を深める秘訣です。
イタリア人は、一般的に好奇心が旺盛なので、会話も盛り上がるのです。
イタリアで生活していると、ホームパーティーなどで、新しい人と知り合いになる機会は、頻繁にあります。

で、そんなときいつも覚悟しなければならないのが、はじめて知り合った時の、お決まりの質問の嵐。
「イタリア語上手だね!いつからイタリアに住んでいるの?」
「どうしてイタリアに住みにきたの?」
「一般的な日本の生活はどんな感じ?」
「イタリアはどうして好きなの?」
「いまは何をやっているの?」
いままで、私はこれらの質問に何百回答えたことか!    
けれど、その後で必ず日本の話題で盛り上がるんです。
このようにして、お互いに楽しいひとときが過ごせます。
                             
その後、私も相手のことを知りたいと思えば、今度は、逆に私が質問攻めをします。
そして、その他の話題に移行していくんです。
好奇心をもって相手に質問することは、相手との関係のすべての始まりなんです。

逆に、相手に何も質問しないということは、
『あなたに興味ありません』
と示しているようなものです。

そして、イタリア人が、会話で盛り上がっている時の目は、いつも好奇心で輝いています。
まるで、好奇心旺盛な子供のような、キラキラした目の輝き。
きっとおしゃべり上手の秘訣は、この点にもあるのでしょう。
あなただって、自分の話をキラキラした目と笑顔で聞いてくれたら、舌がなめらかになりそうでしょ?

日本では、親しくない時にあまり質問しては失礼のような感覚がありますよね。
会話をしている時の表情も硬い男性が多いです。
でも、女性を落とすためには、これではいけません。
相手にたくさん質問して、相手からどんどん話を聞きだしましょう!
あなたの彼女への好奇心を、遠慮なく示していいんです。

自分のことをアピールすることを先に考えるより、『キミのことをもっと知りたい』という好奇心を示しましょう。
嫌われていない限り、そして根掘り葉掘りと思われない限り、喜んで答えてくれますよ。
いろいろ質問されるのは、実はけっこううれしいものなんです。
                             
ただし、この質問にはちょっとしたコツがあります。
★なるべく、イエス、ノーで終わってしまわない質問をすることこれをオープンクエスチョンといいます。
★なるべく相手の興味があることに、あなたが好奇心をもつこと。自分がしゃべりたいことの前フリのための質問はしないでくださいね。
★無表情で質問するのではなく、好奇心の気持ちを表情に出すこと。人間は単純なもの。表情一つですべてが変わってしまう。
無表情で質問されたら、尋問された気分にもなるし、自分のことを明かすことにも、抵抗がある。ワクワクした好奇心の表情があれば、話すほうもオープンになってしまうもの。

恋愛において好奇心とは・・・
★相手のことを知りたいという素直な思いの表現
★あなたの好奇心の気持ちを思いっきり表現することが、会話を盛り上げる秘訣
★あなたの好奇心につられて、たくさん話した相手は、あなたに好意をもちやすい



イタリア人は少年のような心を持っている

普段イタリア男たちを見ていて感じるのは、いくつになっても子供っぽさや少年のような心を忘れていないこと。
老人さえ、けっして子供のような純真な心を忘れていません。
子供のおもちゃなどに夢中になってしまったり、うれしいことがあると、思いっきりはしゃいだり、楽しむためには、調子に乗ったり、ハメをはずしたり、何かに対する好奇心をむき出しにしたり・・・
こういった少年のような心は、女性にとっては大きな魅力。
男のかわいらしさなのです。

この魅力は、普段は頼りになる大人の男の魅力を持っているからこそ生きるもの。
そう、女性と言うのは、ギャップに弱いのです。
そして、母性本能。
どうぞ、あなたの心の中に残っている純真な心、少年のような心は、女性の前では素直に表現してください。
男として魅力的なあなたへの親近感を高めるだけでなく、女性がもっとあなたに惹かれることはまちがいないですよ。
                             
少年のような心とは・・・
★男のかわいらしさ
★女の母性本能を刺激して、よりいっそう魅力を感じさせる
★普段は男らしいあなたのギャップの魅力

サブコンテンツ

このページの先頭へ