職場の同僚やバイト先の女の子口説くための注意事項と具体的な方法

勤務先やバイト先などで、毎日会うような環境では、恋が生まれやすいのは事実です。
もし、好きな女性がいたら、やり方をまちがわなければ、落とせる可能性はすごく高いはずですよ。

しかし、じゅうぶん注意も必要です。
噂は、すぐに広まってしまいますから、自分に不都合な状況にならないように、くれぐれも、注意してください。
気軽に付き合おうとか、いろいろな女性と次から次にデートしたりするのはぜったいに避けたほうがいいです。
後から、気まずいことになっても、逃げられないですから。

噂は本当にひろまるのが早いので、一度、変な噂がひろまってしまったら取り返しが付かなくなります。
女の噂話は、はっきり言ってこわいです!
とくに社内恋愛は慎重にしましょう。
普段から女性に気軽に話しかけて、明るいさわやかなキャラクターでいるように心がけてください。
あなたの周囲に対するイメージは、そのまま気になる女性にとってのあなたのイメージにもつながります。
                            
めざせ!
明るくさわやかで仕事ができる男キャラ
そして、お気に入りの女性がいたら、あなたの中で的を絞ってください。
まず毎日、 笑顔のあいさつ を忘れないようにします。
そして、気軽にどんどん話しかけにいくこと。
話すきっかけは、なんでもいいのです。
深く考えずに、近づく!
深く考えずに、何か話す!
 
ほめることがあったら、すかさずほめましょう。
何でもいいんです。
気にしている、君のことを見ているというのをアピールするためです。
深く考えずに、何でもさりげなくほめる!
そして機会をなるべく見つけて、いろいろ話題をもちかけてみてください。
とにかく接触を多くもってください!
あなたの存在感を、彼女に植え付けてください!
                            
偶然をよそおって、近づいてください!
あなたが冗談が得意だったら、強みですね。
どんどん彼女を笑わせてしまいましょう!
なかなか話す機会がなかったら、一度、グループで飲みにいく企画でも立てましょう。
あなたが彼女に積極的に誘いに行って下さいね。
とにかく仲良くなるきっかけをつくらなければいけません。
まずは、仲良くなる
とにかくこれに集中してください。



同僚の女性と仲良くなるコツ

●普段から笑顔であいさつやお礼の言葉、さわやかさをアピール
●積極的に明るく話しかけること。ほめ言葉なども、深く考えず!
●笑わすことができればよりOK
●話すきっかけがつかめなかったら一度、グループで飲みに行く企画をたてる。席は何が何でもとなりにすわること!
●仕事での悩みやグチを話すように聞き出して、相手の話をよく聞いてあげる。
●自己アピールに必死になるのではなく、話題を提供して相手に話をさせること。
●共通の話題を見つけたら、チャンス! とことん話そう。

さて、ある程度仲良くなったら、相手にあなたを男として意識させていく
これが大切です。
イイ人で終わってしまう人は、これがなかなかできません。
相手にあなたの気持ちになんとなく気づいてもらいます。
そこで、さっそくその具体的な方法をアドバイスしますね。




言葉で相手の気をひく方法

ほめることを見つけて、すかさずほめてください。
キミのことを毎日気にしてきちんと見ているよ、ということを相手に伝えるんです。
とはいっても、ただの
「きれいだね」
とか
「かわいいね」
とかだと平凡です。

魅力的な女性は言われ慣れているので、それほど感情をゆさぶられません。
最初の段階で、気軽に声をかけなければいけない段階では、もちろんじゅうぶんに効果があります。
が、これから、一歩先にすすんで、より親しくなるためには、平凡なほめ方では、あなたを印象づけるためには、やや物足りないです。
それよりも、あまり誰もが言わないようなことを言うように心がけます。
例えば、
「よく気が付くね!」
「やさしいんだね。」
「今日もファッション素敵だね、よく似合ってるよ。」
「今日はいつもに増してきれいだね。」
「相変わらず、ファッションセンスいいね。」
「なんかいいことでもあったの? いつもに増していい女だから!」
                            
もしも、彼女がはぐらかしたら、必ず次のように付け加えましょう。
「本当にそう思ってるよ。」
「冗談とかお世辞とかじゃないよ。ほんとうにそう思う。」

もしも彼女が、暗い顔をしていたり、元気がなかったらすかさず声をかけましょう。
「元気なさそうだね。どうしたの。」
「疲れてる?」
「●●さんが、元気ないと気になるよ。」
「グチでも悩みでもなんでも話し聞くよ、僕を利用してね。」
このように声をかければ、彼女のことを毎日気にしているよ、ということが伝わるはずです。

あくまでも、さわやかに、キミのことを気にしているんだよという気持ちを表現することで、あなたの存在感をアピールします。
たまに、相手のことが気になっているのに、逆にわざとアラ探しをしてからかってしまう男性がいます。
これでは小中学生レベル。
ぜったい NG です。冗談でもやめてくださいね。
友だちにはなれても、恋人になるのが難しくなりますから。
女性をけなすのはNG!

                            

視線でアピールする方法

気に入っている、興味があるという気持ちをアピールするつもりでやってください。
遠くから見守るのではなくて、相手があなたの視線に気が気づくまで、見つめるんです。
目が合ったら、あなたからはけっして目をそらさないでください。
視線で挑発するつもりで、視線に意味を込めてみてください。
仲良くなっているのだったら、嫌がられることはないはずです。

【注意】
まだ、仲良くなっていない状態で、視線で挑発するのは、かなり危険です。
相手の好感度が、ある程度あがってからにしてください。
仲良くないのに視線挑発が有効なのは、あなたがもともと、彼女の好みのタイプのときだけ。
そうでない場合は、いきなり視線挑発をすると、気持ち悪く思われます!
相手と目があったら、余裕で微笑んでみてくださいね!
あわてて視線をそらしたりしては、ダメですよ。

                            


すぐにデートに誘わずに相手を焦らす

今までと同じように、いつも気軽に話しかけに行ってください。
デートに誘う伏線として、会話をしながらいろいろな情報を収集します。
好きな食べ物、好きな映画、どんなことに興味があるのかをさりげなく聞き出しましょう。
たいていの女性は、これだけで、いつかデートに誘われるだろうと予感するはず。
会話の流れと相手の反応がいいようであれば、
 「じゃあ、今度2人で行こう!
とすぐ誘ってみてもいいかもしれません。

けれども、すぐには誘わないという方法があります。
むしろ、相手の気を引くのにはこのほうが効果的だと思います。
少しだけ、相手の期待を裏切るのです。ちょっとだけ相手を待たせるんです。
いつもと同じように楽しくさわやかに、けれども相手に興味があることはアピールし続けてください。

   

意味深なことを言ってデートの駆け引きを楽しむ

さぁ、そろそろ行動を起こす時期かもしれません。
誘うきっかけをつかむためにも、意味深なことを言ってみてもいいですね。
例えば、 夢の話 はけっこう使えます。
「きのう、●●さんが夢にでてきたよ。」
「えーどんな夢?」
「内緒! 今度デートしてくれたら、ゆっくり話すよ。」
または
「夕べね、●●さんとデートする夢見たよ。」
とか
「最近、●●さんとデートしてみたいっていう妄想に取り付かれてるんだよ。」
このようにほのめかしておいて立ち去ります。

いよいよ相手も誘いを期待するはずです。
こんなふうに、デートに誘うまでの駆け引きもゆっくり楽しんでしまいましょう。
余裕がある態度と少々のじらしは、ますますその気にさせるはずです。
こういったのやり取りが周りに聞かれてしまう環境であれば、メモで渡すとかメールで送るなどの配慮は忘れないで下さいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ